to you

心地いいこと

遅れてきた話題であるが、青竹踏みのこと。

私は小学生の頃から青竹踏みをしていた。学校行事の遠足で 通学の2㎞×2(往復)+遠足の4km を歩いた日、足がとても疲れたので階段の角の部分に土踏まずを押し付けて、ぐりぐりするととても気持ちがいいことを知った。それ以来、足が疲れた時は階段の角でぐりぐりやっていた。いつだったか、青竹を踏んでマッサージするという情報をどこかで仕入れ、父に山で(親戚の持ち山)竹を切ってきてくれるように頼んだ。すぐに切ってきてくれたので、疲れた時はそれを踏んでいた。しかし、毎日足が疲れるということもなかったので、たまにやる程度だった。

学校を卒業して販売の仕事に就いた。毎日立ちっぱなしである。落ち着いて座れるのは休憩の時くらいだった。平日はそうでもなかったが、週末の忙しいときはクタクタに疲れた。そんな日は青竹踏みを風呂上りに10分くらいやっていた。この上なく気持ちよかった。ある日、青竹踏みをするのを忘れた時があって、次の日の朝起きて立ち上がったら足裏が凄く痛くて、マッサージの効果をあらためて感じたことがあった。
やっているときは気持ちがいいからやっていたわけで、これが体にいいから、ということではなかった。

心地いいから「これ」をする 
    ↓
結果 知らないうちに自分のためになっている

自分があまり望まないことをしなければならないときでも、心地良くなれるよう意識を変えればいいのかも?とおもう。

スポンサーサイト
Category : ひとりごと
Posted by テトラ on  | 0 comments 

筋膜

この頃テレビで筋膜リリースの体操をよく見かける。
http://ddnavi.com/news/315904/a/

普段コリは感じなくても、硬い私の肩。肩甲骨の可動域も狭い。
筋膜の偏りだけが原因ではないかもしれないが、紹介されていた体操をやっている。
効果があるのか、コリを感じる回数が減ったようだ。

先日、ある番組で、筋膜リリースは肩凝りだけでなく腰痛にも効くということで、違う体操を紹介していた。
夫が腰痛持ちなので録画しつつ自分でもやってみた。私は腰痛はないので、効くかどうかわからない。
夫に実際やってもらって検証しようと思っていたのだが、夫にそのことを伝えると、
ラジオ体操やっていたら治った、とのことで録画も見ずじまいである。

せっかく録画してあげたのに、どうして見ないのよ。
と今までの私なら思うところであるが(少しは思ったかもしれない)、
痛みが無いのであればそれでいいというふうに思えた。

Category : ひとりごと
Posted by テトラ on  | 0 comments 

ニーグリップ

「内ももに力を入れて下半身を安定させ、そして上半身を自由にすることで、声がよく出ます」と、コーラスの発声練習の時に先生が言う。

立って内ももに力を入れるのは、イメージしにくいけど、ニーグリップするような感じでやってみると下半身が安定して、上半身が自由に動くような、リラックスできたような気がする。
まさかコーラスでニーグリップするとは思いもよらずw。

ニーグリップ(Knee Grip)とはクルーザー、スクーター、モペッド、電動自転車以外のオートバイ、サイドカーに乗車する際の基本的な姿勢の一つで、ひざを中心とした内股全体で燃料タンクを挟むことで下半身を安定して保持することである(Wikipediaより)。

Category : 音楽
Posted by テトラ on  | 0 comments 

Sancti mei




昨年11月に地区の発表会で歌ってひと段落ついたので、
今は新しい曲を練習している。
教会で練習しているので、こういう曲もいいかも?と、先生の選曲。

2分の4拍子、倍全音符、など初めてのことがいっぱいで
????となりながら練習しているが
慣れてくるとだんだん面白くなってきた。

『Sancti mei』(私の聖者)
オルランド・ディ・ラッソ(Orlando di Lasso)作曲
オルランド・ディ・ラッソ(1532~1594)は、フランドル楽派後期の
最大の作曲家で、パレストリーナとともに後期ルネッサンスを代表する作曲家である。
(楽譜の人物紹介より引用)

歌詞
Sancti mei sancti mei,
quiin isto saeculo certamen habuistis,
mercedem laborum vestrorum ego reddam vobis,
ego reddam vobis,ego reddam vobis.

私の聖者よ
この世の中で戦いを続けている
あなたたちの努力に対して
報酬を私はあなたたちに与えます

注:ラテン語の歌詞は譜面に振ってあるものを抜き書きしたので、
間違いがあるかもしれません。

Category : 音楽
Posted by テトラ on  | 0 comments 

BSW

BSWを作って使ってたが、そのまま飲用するのが一番効果的らしいということを知ってから、使わなくなって作ることもしなくなっていた。瓶の内部を洗浄するのが面倒なので、そのまま次の水を入れてBSWを作るということを繰り返しており、そのまま飲むと、雑菌が体内に入ってしまうんじゃないかという不安があった。料理に使用すると煮沸するので雑菌は死滅するだろうと思っていたから、不安は消える。

しかし、BSWを摂っていないことも心に引っかかっていて、瓶以外のもので作ることはできねぇか?と青い容器を探していて見つけたのは、青いグラス。切子なので全体が青ではないけれど、これでいいかと。ペットボトルの水を入れて、さて、蓋は?と思ったときに、ヨーグルト用プラスチック製の丸い蓋がぴったりだったので、それを使っている。午前と午後2回は作れそうだ。
kiriko

Category : 未分類
Posted by テトラ on  | 2 comments